【レースレポ】第39回つくばマラソン

レースレポ
この記事は約7分で読めます。

掲題のレースを走ってきました。PBは更新しましたが目標タイムには全く届かず悔しいレースとなりました。

スポンサーリンク

リザルト

スプリットラップ
Start00:00’02”
5km00:18’13”0:18’11″(3’38″/km)
10km00:36’39”0:18’26″(3’41″/km)
15km00:54’55”0:18’16″(3’39″/km)
20km01:13’01”0:18’06″(3’37″/km)
21.0975km01:17’02”
25km01:31’23”0:18’22″(3’40″/km)
30km01:50’24”0:19’01″(3’48″/km)
35km02:10’01”0:19’37″(3’55″/km)
40km02:29’34”0:19’33″(3’54″/km)
Finish02:37’55″(ネット2:37’53”)
PB 51″更新
0:08’21″(3’47″/km)

レース詳細

~スタート前

前日は9時半就寝、4時20分起床。夜中に1度目が覚めて1時間ほど寝れなかった。

5時に最寄り駅に行って5時40分に東京駅、6時に東京駅から高速バスに乗って7時20分ごろ会場着。今年は道路が混んでいたのかちょっと到着が遅かったかな。

雨がなければ多摩クラの陣地か会社仲間の陣地で準備しようと思っていたが、雨もポツポツしており外では準備できなそうなので更衣室へ。案の定ものすごい混んでいたがなんとスペースを確保して準備。

スタートまでの雨対策としてビニールのカッパと、ビニール袋で作った即席のシューズカバーを用意。

今回、雨のレースということで一番気にしたのはVF4%FKが雨で濡れること。フライニットの弱点は雨で重くなってパフォーマンスが落ちることで、その点を改良したのがNext%。私は4月に今シーズン用のVF4%FKを買っていて(高すぎるので誕生日プレゼント扱い)Next%は見送りなので、少しでも濡れるリスクは避けたかったのです。それ以外にも雨対策としては防水スプレーでコーティングはしていました。

防水スプレーはセメダインのスプレーがいいらしいとの情報を得て、近所のドラッグストア等を巡って1時間ほど探しましたが見つからなかったので結局家にあるやつを使用。

ウェアは気温は高めなので手袋もアームウォーマーも不要と判断してランシャツ短パンのみ。

準備が終わって時間を持て余したので座って待つ。8時15分ごろにテントを出て荷物を預け、スタート地点を様子見。シューズカバーをしているので滑りやすく、ジョグもスピードを出せないのでゆっくりジョグで動きを確認。8時半ごろにA1ブロックのスタート地点に到着するとすでに並び始めていたので並ぶことにする。

前方にはブログ村の巨匠・たのくる先生がいらっしゃったが相変わらずのコミュ障なので話しかけられず。

雨の方は雨雲レーダーから8~9時頃に強めの雨が降りそうなのはわかっていたので、できればスタート前にそれをやり過ごしてスタート時には止むことを期待しましたが、スタートが近づくにつれて強くなり、スタート3分前は土砂降り。観念してカッパとシューズカバーを外し、スタートを待ちました。

そして9時ちょうどにスタート。

~5km【18’13″、18’11″(3’38″/km)】

強めの雨で水たまりも多く、周囲の人の蹴り上げもあってすぐに靴下までびしょびしょ。シューズの外をコーティングしても靴下から染み込んでシューズの内側から濡れるので結局濡れ対策は全て無意味でした。

最初の3kmほどは自然に任せて3’35″/kmペースで昨年よりは確実にいい。徐々に集団ができつつあるがこのペースは速すぎるので自重して少し落とす。その間に船橋のFさん、カミさんに抜かれる。カミさんには走りながら初めましてのご挨拶。

カミさんとも少し離れるが、5km通過を3’38″/kmと予定通り。

~10km【36’39”、18’26″(3’41″/km)】

陸橋を下って北上。ここが向かい風でみなさん全体的にラップを落とした感じ。そこそこ頑張って走ったつもりだが3’40″/kmオーバー。この段階で今日の調子を察してしまった。

Fさんの集団は大きめでペースも速く18分前後で行っている感じで徐々に離れる。カミさんの集団もこの区間で少し離れてしまう。私のいる集団からカミさんの集団を目指して上げていく人が何人かいる。

~15km【54’55”、18’16″(3’39″/km)】

前の区間のラップが悪かったので少し上げたい。前に行きたそうな人がいれば自分もついて行きたいが、一気に行く人はいない。北西よりの風なのでこの区間も向かい風が多め。

この区間で一緒に走っていた人から靴紐が解けていることを指摘された。フライニットなので解けてもそれほど問題ないので無視して進む。と思ったら別の人がNext%の靴紐を結び直すために止まっていた。Nikeの靴紐の解けやすさは何とかならないのか。

12km地点でMAG-ONと塩熱タブと芍薬甘草湯タブを摂取。

がんばって動かしたつもりだがこの区間も設定ペースからビハインド。次の追い風区間で挽回したい。

~20km【01:13’01”、18’06″(3’37″/km)】

この区間は追い風で全体的にペースが上がる。カミさん集団ともあまり距離は変わらず、こぼれてきた人を吸収したりする。Fさん集団とは1分くらい離れているか。もう長い直線じゃないと殆ど見えない。

一度集団から遅れかけたがここでしっかり前を追わないとダメだと思い直し、集団の前の方へ。

18km地点でピットインと塩熱タブと芍薬甘草湯タブを摂取。

~25km【01:31’23”、18’22″(3’40″/km)】

ハーフは1:17’02″と想定ギリギリ。

私のいた集団は崩壊しかけていて、残っているのは数人。そのうちの1人がフォロワーのゆっきーさんで「35分狙い?」と聞かれ、もちろんと答えるが、3’40″/kmを切るペースが徐々に辛くなっているのを感じる。

24km地点でMAG-ONと塩熱タブと芍薬甘草湯タブを摂取。

~30km【01:50’24”、19’01″(3’48″/km)】

ショッピングモールの裏を抜ける辺りで脚が動かなくなってきて、ゆっきさんから置いていかれる。3’45″/kmを超えるようになってしまいVespaを投入するが、それほど変わらずこの区間で気持ちが折れ完全にサブ35を諦める。そこから気持ちの切り替えがなかなかできず、ダラダラと落ちていってしまった。

スライド区間ではFさん、カミさんとも軽快に走っており2人との差を痛感。

30km通過は01:50’24”と練習よりも1分以上悪く昨年とほぼ同じ。なんでこんな事になってしまったのか気持ちの整理がつかずなかなか切り替えられない。

~35km【02:10’01”、19’37″(3’55″/km)】

向かい風ではキロ4を超えるようになってしまうが、このままズルズル落ちてPBすら更新できないのはまずいと思い直し、PB更新にターゲットを切り替える。ただ脚はもう思うように動かないのでペースは上がらない。

この区間でついに昨年よりも遅れてしまう。この1年何をやっていたのかと絶望的な気分になるが、昨年はここから痙攣でボロボロだったのでまだ挽回できると切り替える。

~40km【02:29’34”、19’33″(3’54″/km)】

相変わらずペースは上がらないが、少しでも前を追うつもりで走る。抜く・抜かれるの割合は半々くらい。みんな苦しいのは同じ。

最後のスライド区間でカミさんがFさんの前に出ているのを確認。2人ともサブ35いけるのでは?

~フィニッシュ【02:37’55″、08’21″(3’47″/km)】

とりあえずPBは大丈夫そうだが37分台は少し頑張らないときつそう。動かない脚でなんとか振り絞って上げていく。最後の坂は攣りそうだったのでゆっくり慎重に登る。

競技場入ってなんとか37分台でフィニッシュ。

先にゴールしたカミさん、Fさんにご挨拶。

雑感

サブ35を達成できなかった以前の問題で、30km通過が練習時よりも1分以上遅かったこと、故障を抱えてボロボロだった昨年よりも35km通過が悪かったことに対してゴール後は徐々に悔しさがこみ上げてきて、自分の不甲斐なさに涙が出てきました。

結果的に25km以降の失速は今回のコンディションでのオーバーペースが原因。10kmまででこのペースで最後まで持たないのは余裕度的にも心拍数的にも感じていましたが、それでペースを落とすという選択肢はないので行けるところまで行きました。

今シーズンは故障による出遅れで満足にスピード強化ができなかったので、結局走力的には去年と変わっていなかったということでしょう。気象コンディションが昨年並みだったとしてもせいぜい36分台止まりでサブ35の力はなかったですね。

サブ35を達成するためにはIペースとTペースを底上げが必須。そしてそのベースとしてRペースの底上げも必須。というわけで短距離のレペからまた積み上げていきます。

来週は海外出張(ついでにこっそり海外レース出場予定)なので帰国してから静岡マラソンに向けて再始動していきます。

いいね! 10 いいね!読み込み中...
ごっきー
ごっきー
この記事を気に入っていただけたらバナーのクリックをお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
レースレポ
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
\ フォローする /
元ネトゲ廃人が福岡国際マラソンを目指すブログ

コメント

  1. 船橋のF より:

    あれまあ、割と僕ちん出てきてびっくり(笑)。
    主演ごっきーさん、助演カミさん・僕みたいな感じ(笑)。

    ああ後ろからこういう風に見えているんだあっていうのが分かってすごく面白かったです。ああ、なんか結構おれ見られていたんだなあって(笑)。あのレースは、僕のいた集団と、その後ろの集団がだいぶ開いちゃったので、後ろの集団からするとちょっと難しい展開になっちゃったかもしれないですね。

    どの集団につくかって、結構出たとこ勝負になっちゃうので、いつも流れに身を任せてますが、なんとなく僕はイーブンペースをきれいに刻める人が引っ張っている集団に入るよう意識していますね。つくばで僕の集団を引っ張っていたびわ湖ランナーはきれいにキロ3分37秒~38秒を刻んでいたので、走りやすかったです。

    なんとなくですけど、ごっきーさんが昨日のつくばで35km~40kmのところで何とか踏みとどまれたのは、この1年の積み重ねの賜物なんじゃないかなあなんて思ったりしました。ホント、このレベルになってくるとちょっと自己ベスト更新するのもしんどくなってくるんですけど(笑)、お互いもっと良い記録だしちゃいましょう!

    • ごっきー ごっきー より:

      Fさん長身なので遠くからでもわかりやすかったです。後半は折返しでしかわかりませんでしたが。

      私は自分の設定したペースで行きたい派なのであまり集団にペースを合わせることはしないですね。もちろん前に目標がある方が走りやすいのは確かですが、見える範囲なら追う意識でそれなりに押して行くのは苦にしないです。

      そうですね、後半垂れちゃいましたが、ズルズルいかなかったのは最後の意地でしたね。本当は最後まで18分台でまとめたかったんですが。
      Fさんは条件が整えばいつでもサブ35行けると思いますが、私はまだ実力がないのはわかったので短い距離から鍛え直していきます。お互い頑張りましょう。