【論文紹介】プレートシューズで足の仕事はどう変わるか

スポンサーリンク
シューズ・ギア
出典:https://runningmagazine.ca/
この記事は約3分で読めます。

ヴェイパーフライの登場により始まったスーパーシューズ(カーボンプレート内蔵+厚底)の開発競争。

すでに市場に出ているものもありますし、今後も各社がプレート内蔵のシューズを続々と出してくると予想されています。

BrooksのHyperion Elite

「Hyperion Elite」の画像検索結果

SauconyのEndorphin Pro

「Endorphin Pro」の画像検索結果

New BalanceのFuelCell TC

「NB FuelCell  TC」の画像検索結果

Under Armour HOVR Machina

「UnderArmour HOVR Machina」の画像検索結果

Asicsのメタレーサー

「Asics メタレーサー」の画像検索結果

adidasのadizero Pro(本命は例の厚底みたいだが)

「adidas プレート シューズ」の画像検索結果

などなど。

もはやプレートシューズがスタンダードになりつつありますが、シューズに内蔵されたプレートはどのように働いているか、意識できている方は少ないのではないでしょうか。今回はその効果を実験により検証した文献を紹介します。

The Effects of Increased Midsole Bending Stiffness of Sport Shoes on Muscle-Tendon Unit Shortening and Shortening Velocity: a Randomised Crossover Trial in Recreational Male Runners
Individual compliances of the foot-shoe interface have been suggested to store and release elastic strain energy via ligamentous and tendinous structures or by ...
スポンサーリンク

実験方法

13人のレクリエーションランナーが3.5m/sのトレッドミル上で走り、足のアーチ、足底筋腱ユニット(pMTU)、シャンク筋腱ユニット(sMTU)にモーションセンサーを取り付け、その動きをモニタしました。

図1

シューズはコントロールシューズ(control, Nikeフリー5.0)と、それにカーボンファイバープレートをインソールの下に入れて剛性を高めたシューズ(stiff)で比較を行いました。重さは元々が225gでプレートを入れて289g。

結果

pMTU(足底筋腱ユニット)の変形が大幅に減少しました (平均 ± 標準偏差; stiff, 7.26 ± 1.78°; control, 8.84 ± 2.87°; p ≤ 0.05) 。

また、pMTUとsMTU(シャンク筋腱ユニット)の収縮速度も遅くなっています(pMTU 収縮速度:stiff, 4.39 ± 1.59 mm; control, 6.46 ± 1.42 mm; p ≤ 0.01、sMTU収縮速度:stiff, − 0.35 ± 0.08 m·s−1; control, − 0.45 ± 0.11 m·s−1p ≤ 0.001 )。

速度はトレッドミル上で一定ですから、足の仕事量が減ることにより、ランニングエコノミーが向上したと考えられます。この実験ではVO2の測定などはしていないので直接それを示す証拠はありませんが。

これは、ヴェイパーフライを研究している多くの方が足の仕事量(特に下腿三頭筋)の減少を指摘しているのと一致します。

一方、収縮速度が遅くなっているのが腱に起因している場合、それは腱のエネルギーリターン能力の低下を示す可能性があると著者らは指摘しており、今後のさらなる研究が必要であると結んでいます。

まとめ

  • プレートシューズが今後各メーカーからたくさん出てくる予定だよ
  • プレートにより曲げ剛性が高まる事によって、足の仕事が減ってランニングエコノミーが改善する可能性があるよ
  • 腱のエネルギーリターン能力が減っている可能性もあるので、今後のさらなる研究が待たれるよ
いいね! 3 いいね!読み込み中...
ごっきー
ごっきー
この記事を気に入っていただけたらバナーのクリックをお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
シューズ・ギア
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
\ フォローする /
スポンサーリンク
元ネトゲ廃人が福岡国際マラソンを目指すブログ

コメント