トレーニング

スポンサーリンク
トレーニング

【論文紹介】アクティブクールダウンは必要か?

アクティブクールダウン、もしくはアクティブリカバリは特に運動しないパッシブなクールダウンよりも運動後の回復を促進するのに効果的だと広く信じられています。 アメリカの大学のトレーナーの89%がアクティブクールダウンを推奨しており、その...
トレーニング

【論文紹介】故障防止に適切なトレーニング量とは?

スポーツでは上のレベルに行くほど故障せずに継続してトレーニングを積むことが重要となります。 ところが無理にトレーニング負荷を上げようとしてオーバートレーニングになると故障しやすくなるというのは誰もが納得するところでしょう。 一...
トレーニング

【論文紹介】インターバルトレーニング方法の違いによるタイムトライアルへの影響比較

インターバルトレーニングは疾走速度・距離(時間)・レスト距離(時間)・本数などパラメータが多く無限に組み合わせが考えられるので、効果を最大化するのは非常に難しいトレーニングです。 ダニエルズ先生のIペースによるVO2maxインターバ...
トレーニング

閾値走(Tペース走)のバリエーションを考える

以前、LTを改善するための代表的な練習方法である閾値走について、最初にエビデンスを示した文献を紹介しました。 この文献では血中乳酸濃度が4mmol/lになる点(OBLA)で20分走を週1で実施することによってOBLAでの速度...
ダニエルズ理論

Tペース閾値走の起源

練習で閾値走を取り入れている方は多いと思います。有酸素運動能の代表的なパラメータである乳酸性作業閾値(LT:Lactate Threshold)を向上させる練習として、ダニエルズ先生の著書でも20分のTペース走を推奨しています。 L...
トレーニング

【論文紹介】トレッドミルとロードランニングのバイオメカニクス的比較

練習にトレッドミルを取り入れる方は多いと思います。私も天候が悪いときや夏場の暑さが厳しい時期はよくお世話になっています。全米のランナー調査によると14%のランナーはトレッドミルを使った練習を取り入れているようです。 また一流アスリー...
トレーニング

【論文紹介】運動前後のストレッチは故障予防に効果なし

運動の前後に故障予防目的でストレッチをするという方は多いと思います。 ところがこれらのストレッチは故障予防には効果がないという考え方が最近は主流で、そのような情報を目にする機会も増えてきたのではないのでしょうか。 今回はその根拠とな...
トレーニング

【論文紹介】フットストライクは無理に変える必要がない

ランナーにとって気になるフットストライク問題。フォアフットがいいのか、ミッドフットがいいのか、リアフットがいいのか。 現在世界を席巻しているアフリカ系選手にフォアフットが多いことからフォアフットが最高みたいに言われることが多い気がし...
ダニエルズ理論

【ダニエルズ式研究】フェーズIIでのRペース+Tペースの組み合わせ

ダニエルズ先生のトレーニング期分けの考え方はとても理に適っており、多くの方が取り入れていると思います。ダニエルズ先生の期分けについては以下の記事も参照してください。 その期分けのうち、フェーズIIはRペースでのレペティシ...
目標タイム別練習法

【カノーヴァ式】サブ3向け練習例

多くの名ランナーを育てたレナート・カノーヴァ氏のトレーニング理論について以前紹介しました。 この記事では具体的な練習例まで落とせていませんでした。 カノーヴァ氏のトレーニングの記事は主にエリートランナー向けに書...
スポンサーリンク