論文紹介

スポンサーリンク
論文紹介

【論文紹介】ランニングと飲酒の関係

走ったあとのお酒はおいしいですよね。美味しいお酒を飲むために走るという人もいると思います。 飲みすぎは明らかにランニングに悪影響ですが、できればランニングパフォーマンスに影響しない程度に飲みたいからその目安を知りたいという方は多いで...
論文紹介

【論文紹介】運動前後のストレッチは故障予防に効果なし

運動の前後に故障予防目的でストレッチをするという方は多いと思います。 ところがこれらのストレッチは故障予防には効果がないという考え方が最近は主流で、そのような情報を目にする機会も増えてきたのではないのでしょうか。 今回はその根拠とな...
論文紹介

【論文紹介】フットストライクは無理に変える必要がない

ランナーにとって気になるフットストライク問題。フォアフットがいいのか、ミッドフットがいいのか、リアフットがいいのか。 現在世界を席巻しているアフリカ系選手にフォアフットが多いことからフォアフットが最高みたいに言われることが多い気がし...
論文紹介

【論文紹介】マラソン後半でなぜ失速するのか?

マラソンはイーブンペースで走りきれるのが理想だと誰もが理解していると思いますが、後半で失速してしまう方も多いと思います。私も第39回つくばマラソンでやってしまいました。 以前は実力に見合った目標を設定していたので、後半落とさずネガテ...
論文紹介

ランニングエコノミーの要素

ランニングエコノミーはVO2max、LTと並んでランニングの三大要素と言われ、目にする機会は多いと思います。 VO2max(最大酸素摂取量=消費量)は呼気中の酸素、二酸化炭素濃度を測定することで直接的に求まりますし、LTも血中乳酸濃...
論文紹介

【論文紹介】ほぼ同タイムの男女の生理学的特性の違い

当たり前ですが男性と女性は体の作りが大きく異なります。 外見的な特徴としては身長差や体重差、体脂肪率などがまず違いとして現れますが、それらがランニングに及ぼす影響については前から気になっていました。 私自身もVO2maxは男性...
レース準備関連

【論文紹介】レース前のテーパリングのやり方とパフォーマンスの関係

11月に入り今年もあと2ヶ月となりました。そうこうしているうちに今年の本命レースが近づいてきたという方も多いのではないでしょうか。 レース前になるといつも迷うのがテーパリング。レース本番にピークを持ってこれるように練習量を落としてい...
レース準備関連

【論文紹介】レース中の補給戦略でタイムが10分変わるかも

マラソンレースは長時間体を動かし続けるのでエネルギー補給は必須と言えます。 筋肉量などによって変わりますが体に蓄えられる糖質系のエネルギーは1500kcal~2000kcalと言われており、一方、フルマラソンを走り切るためのエネルギ...
シューズ関連

【論文紹介】ヴェイパーフライは遅いランナーの方が速度向上幅が大きい

Nikeヴェイパーフライ関連の記事第3弾です。 VFが普及するに従って色々な意見を目にするようになってきましたが、「遅いやつが履くな」という意見も散見されます。 高価なものなのでシューズに金をかけるより前に練習をしっかりやれ、...
論文紹介

【論文紹介】VDOTの練習ペースは本当に適切か?

マラソンの記録向上を目指す方にとって、ポイント練のスピード管理はとても重要な問題になります。ポイント練習で苦しんだ分だけ走力が向上する、という根性論で語る人もいるかも知れませんが、そんな簡単な話ではないのは真剣にトレーニングされている方の...
スポンサーリンク